• 知らない種類のファイルに関する問題がありますか?

    問題を解決できる場所はこちらです。私たちがお手伝いします。

こちらに来訪した方は、きっとIファイルの取り扱いに関する問題をお持ちのことでしょう。Iファイルを開くか、この種類のファイルに関する別の問題を解決したい場合は、こちらのページをご参照ください。

Iファイル情報
正式なファイル名 製造元 人気度
Borland C++ Intermediate Preprocessor Output Format Microsoft

Iファイルとは何ですか?

Visual C ++プロジェクトをコンパイルするときにMicrosoft Visual Studioコンパイラによって生成されるファイル。プリプロセッサ操作の出力が含まれます。コンパイルエラーの診断と修正に使用できます。

ソースファイルから ".I file"を生成するには、そのファイルを右クリックし、 "Properties"を選択します。次に、C / C ++&rarrを選択します。プロパティツリーのプリプロセッサ最後に、 "Generate Preprocessed File"オプションの "No"を選択解除します。

ファイルをコンパイルすると、 ".I file"が作成されます。ただし、この設定によってもコンパイル処理が完了しない場合があります。したがって、プロジェクトをコンパイルする場合は、 "Generate Preprocessed File"を "No"にリセットする必要があります。

Iファイルを開く方法は?

Iファイルを開くときに最も発生しがちな問題は、デバイスに適切なアプリケーションがインストールされていない、というごく単純な理由によるものです。その解決法は簡単です、このサイトで見つかったIをサポートするプログラムのリストから、1つ(又は複数)のプログラムを選択してインストールするだけです。インストールが完了したら、コンピュータは問題のあったIファイルをインストール済みのソフトウェアに関連付けます。

Iファイルを開くプログラム
Iファイルに関するその他の問題

プログラムをダウンロードして正常にインストールしてもIファイルに関する問題を解決できませんか?それにはいくつかの理由があります。Iファイルに関する問題を引き起こす最もありがちな理由のいくつかは次のとおりです:

  • 問題になっているIファイルが破損しています
  • ファイルが完全にダウンロードされませんでした(同じ場所からもう一度ファイルをダウンロードするか、Eメールの添付ファイルをもう一度開きましょう)。
  • Iファイルをサポートするインストール済のプログラムが'Windowsレジストリ'に存在しません
  • ファイルがウイルス又はマルウェアに感染しています
  • Iファイルを取り扱うアプリケーションにコンピュータに対応するリソースがないか、プログラム起動に必要なドライバーがインストールされていません。
ファイルを検索