• 知らない種類のファイルに関する問題がありますか?

    問題を解決できる場所はこちらです。私たちがお手伝いします。

ファイル拡張子DLL

こちらに来訪した方は、きっとDLLファイルの取り扱いに関する問題をお持ちのことでしょう。DLLファイルを開くか、この種類のファイルに関する別の問題を解決したい場合は、こちらのページをご参照ください。

DLLファイル情報
正式なファイル名 製造元 人気度
Dynamic Link Library Format Microsoft

DLLファイルとは何ですか?

DLLファイルは、Windowsプログラムによって参照および実行される一連のプロシージャおよび/またはドライバを含むコンパイル済みライブラリです。複数のプログラムが共通ライブラリを介して共有関数にアクセスできるようにします。 DLLファイルは、実行時にプログラムに「動的にリンク」されます。つまり、DLLファイルは必要に応じてロードされるだけです。

多くのDLLファイルはWindowsオペレーティングシステムに付属しており、その他のものはWindowsプログラムに含まれています。外部デバイスとの通信やハードディスクの入出力など、さまざまなプログラム機能が可能です。また、Macのクロスプラットフォームアプリケーションで参照されることもあります。

DLLファイルの内容を削除または変更すると、そのファイルを参照するプログラム内でエラーが発生することがあります。このため、一般にDLLファイルは開いたり編集したりしないでください。ただし、アプリケーションが破損している、または見つからないdllファイルにアクセスしようとすると、そのプログラムは機能しなくなります。この場合、新しいバージョンのDLLファイルをインストールするのが最も簡単な方法です。

WindowsのDLLエラー?

DLL-Files.ComクライアントはDLLエラーを修正できます。

mfc42u.Dll - 一部のWindowsプログラムで実行するために必要なMicrosoft Foundation Class(MFC)ライブラリ。このDLLはWindows XP、Windows Vista、およびWindows 7に含まれており、ほとんどの場合C:WindowsSystem32ディレクトリにあります。プログラムを開こうとすると、mfc42u.Dllが見つからないというWindowsの報告があると、Windowsのインストールが破損している可能性があります。システムの復元ポイントまたは工場出荷時のシステム修復ディスクを使用して問題を解決できます。その他の関連ファイルには、mfc42u.Dll、mfc40.Dll、およびmfc40u.Dllがあります。

mfc80u.Dll - Visual C ++ 2005で作成されたいくつかのWindowsプログラムで必要なMFCライブラリ。このファイルがない場合は、Microsoft Visual C ++ 2005再頒布可能パッケージをインストールしてインストールします。このDLLを使用するプログラムは、Windowsにデフォルトで含まれていないため、一般的にこのDLLをインストールします。パッケージと共にインストールされる他のDLLには、msvcr80.Dll、msvcm80.Dll、msvcp80.Dll、mfc80.Dll、mfcmifc80.Dll、およびmfcm80.Dllが含まれます。

mfc90u.Dll - Visual C ++ 2008で作成されたいくつかのWindowsプログラムで必要なMFCライブラリ。このファイルがない場合は、Microsoft Visual C ++ 2008再頒布可能パッケージをインストールしてインストールします。このDLLを使用するプログラムは、Windowsにデフォルトで含まれていないため、一般的にこのDLLをインストールします。パッケージと共にインストールされる他のDLLには、msvcr90.Dll、msvcm90.Dll、msvcp90.Dll、mfc90.Dll、mfcmifc90.Dll、およびmfcm90.Dllが含まれます。

mfc100u.Dll - Visual C ++ 2010で作成された一部のWindowsプログラムで必要なMFCライブラリ。このファイルがない場合は、Microsoft Visual C ++ 2010再頒布可能パッケージをインストールしてインストールします。このDLLを使用するプログラムは、Windowsにデフォルトで含まれていないため、一般的にこのDLLをインストールします。パッケージと共にインストールされる他のDLLには、msvcr100.Dll、msvcm100.Dll、msvcp100.Dll、mfc100.Dll、mfcmifc100.Dll、およびmfcm100.Dllが含まれます。

DLLファイルを開く方法は?

DLLファイルを開くときに最も発生しがちな問題は、デバイスに適切なアプリケーションがインストールされていない、というごく単純な理由によるものです。その解決法は簡単です、このサイトで見つかったDLLをサポートするプログラムのリストから、1つ(又は複数)のプログラムを選択してインストールするだけです。インストールが完了したら、コンピュータは問題のあったDLLファイルをインストール済みのソフトウェアに関連付けます。

DLLファイルを開くプログラム
DLLファイルに関するその他の問題

プログラムをダウンロードして正常にインストールしてもDLLファイルに関する問題を解決できませんか?それにはいくつかの理由があります。DLLファイルに関する問題を引き起こす最もありがちな理由のいくつかは次のとおりです:

  • 問題になっているDLLファイルが破損しています
  • ファイルが完全にダウンロードされませんでした(同じ場所からもう一度ファイルをダウンロードするか、Eメールの添付ファイルをもう一度開きましょう)。
  • DLLファイルをサポートするインストール済のプログラムが'Windowsレジストリ'に存在しません
  • ファイルがウイルス又はマルウェアに感染しています
  • DLLファイルを取り扱うアプリケーションにコンピュータに対応するリソースがないか、プログラム起動に必要なドライバーがインストールされていません。
ファイルを検索